賃貸契約ガイド

お部屋探しをしていて、気に入った部屋が見つかり、内覧も無事に済ませたらいよいよ契約の運びとなります。契約書を交わすわけですが、これには専門用語がズラリと並んでいて一目で内容を理解することは不可能です。

ilm18_aa03006-s-jpg

しかし、契約を交わすということは、とても重要なことです。契約書の内容によって将来トラブルになってしまうこともあるからです。

不動産会社の仕事は宅地建物取引業という法律によって行われます。契約を交わす際に、不動産会社の担当者が物件に関する重要事項を借りる人に説明しなければならないという義務があります。

しかし、実際は契約の当日にさっと説明するので、借主はわけがわからないままサインしていることが多いようです。これがトラブルの原因になりますので、できれば申込みの際に契約書のコピーをもらっておいて帰ってじっくり読むようにしたいものです。そうすれば契約までに納得がいかない点を訂正してもらうことができるからです。

その他には、何かあった時に誰に連絡すればいいかをはっきりとさせておくことです。大家さんがすべてを行っているところなら問題はないのですが、管理会社に管理を委託している場合は契約とは関係のない場合もありますので問題が起きた時にあわてないように、有事の連絡先をしっかりと把握しておかなければなりません。
また、退去時の原状回復でトラブルにならないように、入居時の部屋の状況をしっかりと確認し、写真を撮っておくなど正確に記録を残しておかなければなりません。

契約に関しての注意点

賃貸契約を結ぶときに必要な費用の中に仲介手数料というものがあります。これは賃貸契約を結ぶときに不動産会社の宅地建物取引業者が貸主と借主の間に入って仲介するときに発生する費用で不動産会社の報酬になります。

これは、成功報酬なので取引が成立しなかったり、契約が有効にならなければ仲介手数料は発生しません。なお、宅地建物取引業の免許を持っていなければ仲介手数料を請求することは不可能で、もし請求した場合は違法になります。

賃貸契約の場合の仲介手数料は、家賃の一か月分(消費税込)にあたる金額以内になります。貸主か借主どちらか一方から手数料をもらう場合は一か月分の賃料の半分の相当額になります。

本来は賃貸契約においては貸主と借主が半分ずつこの手数料を支払うことになっていますが、実際は「依頼者の承諾済み」ということで借主が全額支払うという契約になっている場合が多くなっています。

ここに挙げた仲介手数料は上限ですので不動産会社によって半額にするところもあります。
物件を管理している不動産会社が貸主になっている場合は仲介手数料は発生しませんが、実際は関連会社を間に入れてこの手数料を取るようにしています。

女性イラスト3

せっかく手数料を支払うのですから、不動産業者にたくさんの情報を提供してもらい、希望に合う物件を探しましょう。そして、内覧のときは的確なプロの意見を求めましょう。
場合によっては条件交渉に対応してもらえる可能性もあります。

↓↓以前お世話になった不動産屋さんです。
高級賃貸のNO.1情報サイト
若い会社ですが、営業マンもとても礼儀正しく、きめ細やかに丁寧に対応してくれました。古いってだけで駅前にどんと店を構えている某山手線の大きな駅前(特定されると怖いので)の某有名不動産屋さんはいまいちだったのですが、プロメティアは個人的に本当にお勧めです。